「軽井沢」の名称で誤解が生じないよう町が配慮を求めたニュースの続報です。軽井沢ブランドを守るため使いたい放題の状況にくぎを刺すのが狙いで、地元では賛同の声が上がっています。

避暑地・軽井沢を象徴する旧軽銀座通り。29日、この「軽井沢」という名称をめぐって町が声明を出しました。

軽井沢町・藤巻進町長:

「地名は商標登録できないのである意味、勝手に使える、使い放題」

近隣市町村の企業などが「軽井沢」の名称を使っているため、観光客や消費者があたかも軽井沢町にある、軽井沢町で製造されていると誤解するケースがあるとして、29日、町は配慮を求める声明を出しました。

「町に実態がないことなどを広く周知してほしい」と、現在の使いたい放題の状況をけん制する内容です。藤巻町長はシャンパンを引き合いに出してこう訴えました。

軽井沢町・藤巻進町長:

「シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方でつくられたものしか言えない。同様なものがあっても(場所が違えば)スパークリングワインと表現している」

声明に地元の商店は…。

地元の商店:

「私は賛成。(名称の使用は)よく恥ずかしくないなと」

「基本的に軽井沢の名称使用は、外の地区の人が軽井沢に便乗して物を売りたいということだったら、使わないでもらいたい」

一方、御代田町の「西軽井沢」と群馬県長野原町の「北軽井沢」は既に地名として定着しているとして特別な要請はしません。

町によりますと、実態がないのに軽井沢の名称を使っている事業所は59カ所ありました。

佐久市にある「軽井沢西ドライビングスクール」は免許合宿の生徒を集める目的もあって、4年ほど前に名称に軽井沢をつけました。

取材に対し、「町の声明はもっともであり迷惑をかけたくはない」として今後、ホームページに佐久市内にあることを明示するとしています。