おととし読谷村の残波岬で女性を海に突き落として殺害し強盗殺人などの罪に問われている男の裁判員裁判が26日開かれ、那覇地裁は無期懲役を言い渡した。

この裁判は宜野湾市の無職大城賢誉(38)被告がおととし3月、読谷村の残波岬で知人の嘉納みなみ(当時32歳)さんを海に突き落として殺害し、盗んだキャッシュカードを使って口座から現金およそ270万円を引き出した強盗殺人と窃盗の罪に問われているもの。

これまでの裁判で大城被告は「嘉納さん本人から依頼を受けて殺したもので、金欲しさに殺したのではない」と起訴内容を否認していた。

判決で那覇地方裁判所の大橋弘治裁判長は「大城被告は殺害直後に奪ったキャッシュカードの残高を照会するなど嘉納さんの預金に並々ならぬ興味を持っていたことがわかる」と指摘した。

また、大橋裁判長は「殺害前の嘉納さんの行動をみても積極的に生きていくことが見て取れ大城被告に自殺を依頼したことは考えられず、金品の強奪を目的に殺害したことは明らかである」として無期懲役を言い渡した。

判決に対し弁護側は控訴する方針。