フィギュアスケートの世界選手権。

男子ショートプログラムで、羽生結弦選手(26)が100点越えの演技を見せ、トップに立った。

4年ぶりの王座奪還へ。
羽生結弦選手のショートプログラム。

冒頭の4回転サルコーから、3つのジャンプすべてを着氷。

無観客の会場に響く激しいビートに乗せ、羽生選手が躍動した。

今持てるすべてを出し切る、完璧な演技。

年末の全日本選手権を上回る、106.98の高得点をたたき出し、ライバルたちを圧倒した。

男子SP首位発進・羽生結弦選手「きょうはきょうで出し切れたと思うので、1日休んで、いい体調、万全の体調にしてから、フリーでも表現したいことだったり、自分が目指している演技を1つ残らず、ここに置いてこられたらなと思います」

初出場の鍵山優真選手(17)が、自己ベストをマークし、2位。

日本選手がワンツーフィニッシュで、27日のフリーに臨む。