3月20日午前、首都高を走る車のドライブレコーダーが衝突の一部始終を捉えていた。

壁に頭から衝突し中央分離帯に激突

事故は3月20日の午前9時過ぎ、東京都の首都高速4号線千駄ヶ谷付近で起きた。

この記事の画像(12枚)

映像を撮影したの車の運転手:
あぁ~~

対向車線を走る白い車は、最初外側の壁にほぼ垂直に頭から衝突。

その勢いで、車体はバックする状態になり、そのまま中央分離帯に激突した。

その瞬間車体は大きく浮き上がり、今にも中央分離帯を乗り越えてきそうだ。

飛び散る白い車の部品が衝撃の強さを物語っている。

映像を撮影した車の運転手は、その瞬間「覚悟した」と話す。

映像を撮影した運転手:
中央分離帯があったので、ぶつかったら部品が飛んでくるというのだけ想定しました。車が飛び越えてきたらどうしようもないんで、ちょっと覚悟しました

中央分離帯に衝突した後、白い車はどうなったのだろうか。

この映像を撮影した車には、後を映すドライブレコーダーも設置されてた。

白い車は、中央分離帯に接触した後、そのはずみでバックする状態で外側の壁にまたぶつかっていた。

最初の映像から数えると3回の衝突だった。

事故現場は連続したカーブの先だった

なぜ事故は起きたのか。
取材班が、事故を起こした車と同じ道を走ってみると、あることに気がついた。

佐久間みなみアナウンサー:
事故現場の400メートルほど手前に来ています。
ここから左カーブに入ります。そしてすぐ右カーブに入ります。この連続したカーブを抜けた先が事故現場です。
事故の後でしょうか、壁の一部の塗装が剥がれています

事故は連続したカーブの先で起きていた。

ドライブレコーダーの映像をもう一度見てみると、白い車は、このカーブを抜けた直後にタイヤから白炎を上げスピンしていることが分かる。

映像を撮影した運転手:
スピードがかなり出ていたのかなとは思いました
カーブが続く所なので、遅い車と速い車のスピード差が出やすいところではあると思うので、無理な追い越しをしようとしていたんじゃないか

事故を起こした白い車を運転する男性を含め、この事故によるけが人はいなかった。

警察は、男性がハンドル操作を誤った可能性があるとみて調べている。


(「イット!」3月24日放送より)