24日夜に行われる、フィギュアスケートの世界選手権の女子ショートプログラム、直前練習の映像が届いた。

本番と同じ衣装に身を包み登場した、紀平梨花選手(18)。

ショートプログラムの曲をかけ、演技の流れを確認する。

最終組には、日本勢3人が登場。

坂本花織選手が先陣を切り、宮原知子選手、紀平選手へと続く。

北京オリンピックまで、およそ1年、最大3枠獲得をかけ、日本勢が戦う。