“きっと割れない”グラスがTwitterで話題となっている。

それがこちらだ。


欲しかった素数グラスを作っちゃいました。
きっと割れません。



割れないグラスというと、強固な素材で出来ているのか、もしくは、強い衝撃が加わると柔らかくなるなどの特殊加工が施されているのかと素材のことを考えがちだがそうではない。

Twitterに投稿された透明なグラスには002・003・005・007・011…という数字が横並びに印刷されて、さらにNEVER DIVISIBLE(決して割れない)という文言がグラスの真ん中あたりに書かれている。

そう、実はこのグラスに印刷されている数字は全て素数なのである。
素数とは、1と自分自身でしか割り切れない数のことで、決して割れない数字ばかりが印刷された“なるほど”なグラスだったのだ。


素数が書かれている割れないグラス
この記事の画像(3枚)


この投稿をしたのは和から株式会社の大人向けの数学教室で数学の講師をしている「ζWalker」(@walker0226)さん。

この投稿には、ユーザーから「これは発想の勝利。購入させていただきました」「水やお湯、ソーダで割りたいのですが可能ですか」などの声があり、1万超のいいねがつき、大きな反響となっているのだ。(12月23日現在)

なぜこのようなグラスを作ろうと思ったのか、投稿者のζWalkerさんに話を聞いた。

1~1000までの素数168個が印刷されています

ーーなぜ作ろうと思った?

グッズとしては今まで見たことがなかったので、デザインしてみました。


ーーアイデアはどこから着想した?

素数が割り切れないという性質とガラスやものが「割れない」をかけています。結婚式のご祝儀のようなものです。
アイデアを思い付いたのは若干曖昧な記憶ですが、帰り道電車の中でSUZURIさんが新しく「グラス」を追加したことがツイッターで流れてきて、その瞬間に素数グラスを作ろうと思いたちました。


ーーグラスに書いてある素数は何種類?

1〜1000までの素数で全部で168個です。


目に入った数を素因数分解してしまいます

ーー数字が好きなのか、それとも素数が好き?

もちろん素数は好きですが、素数に限らず、全ての数が好きです。


ーー数字(または素数)のどういうところが好き?

非常に馴染み深いものであるにもかかわらず、同時に非常に難解かつ美しさが感じられるところです。


ーー好きすぎて思わずやってしまう具体的なエピソードあれば教えて?

目に入った数の素因数分解を考えてしまいます。たとえば、20191219=2699×7481などです。


素数グラスだけではないζWalkerさんの作品

実は切り絵作家もやっている投稿者のζWalkerさんは素数グラス作りのほかにも、グラフ、ハニカム構造など数学にまつわるものをデザインするなど、好きな数学に関する多くの作品を制作している。

ζWalkerさんの作品


ーーどんな人に買って欲しい?

もちろん素数が好きな人にも見ていただきたいのですが、結婚式などの験担ぎとして色んな方々に知っていただいきたいと思っています。


ーー購入した人からどんな声があった?

「友人や、結婚式の贈り物に使います」といったコメントが多かったです。


ーー反響はあった?

ありました。身近な人や会社の同僚の方にも広まっていて、びっくりしました。


この素数グラスはSUZURIというサイトで1850円(税別)で購入することできるが、発送は約9日程度かかるということだ。(12月23日現在)

数字好きが高じてうまれた作品だが、話のタネや結婚式の贈り物など使い道はありそうなので、興味のある人は購入を検討してみてはいかが。