政府は、3月18日新型コロナウイルス対策本部を開き、首都圏1都3県に発令中の緊急事態宣言を21日で解除する方針を決めた。
菅首相が会見し、国民に説明する。

菅総理大臣は、対策本部で、諮問委員会の了解を得たとして、1都3県の緊急事態宣言を21日に解除する方針を表明した。

解除後のリバウンドの懸念が指摘されていることから、菅総理は、引き続き、感染拡大防止に向けた対策を徹底する姿勢を強調している。

ただ、政府内には、「緊急事態宣言には、もう何の効果もない。再び感染が拡大すれば、期間限定のロックダウン(都市封鎖)をするしかない」という厳しい意見もある。

※ストリーミングのため、配信が遅れることがあります

>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ