同性同士の結婚が認められないのは、婚姻の自由を保障した憲法に違反するとして、北海道内の同性カップルが国を訴えた裁判で、札幌地裁は、現在の制度は憲法違反だと認めた。

札幌地裁前から北海道文化放送・長岡伶奈記者が中継でお伝えする。

17日午前11時からの判決で、札幌地裁の武部知子裁判長は、北海道内3組の同性カップルが求めていた1人100万円の賠償について、訴えを退けた。

ただ、婚姻によって生じる法的効果を享受できないのは差別だと、憲法14条に違反すると、涙ながらに話した。

争点となっていた憲法24条の「婚姻は両性の同意のみに基づく」とする条文について、原告は「2人の自由で平等な意思で婚姻が成立するとしたもので、同性同士の結婚を禁止したものではない」と主張していた。

一方の国側は、両性とは、男女のことを表していて、同性間の結婚は想定していないとして、訴えを退けるよう求めていた。

同様の裁判は全国5カ所で起こされていて、17日の札幌での判決が全国で初めて。