落ち目の小説家が、「伝説の殺し屋」とうわさされ、本物のヒットマンに命を狙われる騒動を描いたコメディー映画「一度も撃ってません」が完成。

18年ぶりに主演も務める大ベテラン、石橋蓮司さん(78)とともに、岸部一徳さん(73)、桃井かおりさん(68)、江口洋介さん(52)、妻夫木聡さん(39)、井上真央さん(33)、そして佐藤浩市さん(59)ら豪華共演陣が登場した。

石橋蓮司さん「『石橋蓮司さんの遺作になるかもしれないので』って、監督と制作部が言って(出演者を)集めたんじゃないかと。撮影中は、生前葬的な雰囲気でやらせていただきました。どうもみなさん、いろいろ長い間お世話になりました」

この作品では、佐藤浩市さんが、息子の寛一郎さん(23)と初めて本格的に共演。

撮影を振り返った佐藤さんは...。

佐藤浩市さん「やたら説明セリフが多いんですよ、今回。2~3回、ちょっとセリフでNG出しまして、冷ややかに息子に見られました」

桃井かおりさん「すごくいいパパなんです! テレビに映ってる浩ちゃんなんて全部ウソ。ただの良いパパです!」

佐藤浩市さん「現場を楽しんでくれてね、彼も。それはよかったと思います」