自民党安保調査会の「弾道ミサイル防衛に関する検討チーム」は29日、「弾道ミサイル防衛の迅速かつ抜本的な強化に関する提言(案)」をまとめ(写真)、政府に提出した。
提言ではまず、弾道ミサイルの発射などを繰り返す北朝鮮の脅威について「到底看過できないレベルに達している」と指摘し、その上でミサイル発射前に発射台の位置を把握したり敵のレーダーを無力化するといった、いわゆる敵基地攻撃について、「敵基地反撃能力」として保有の検討を直ちに始めるよう政府に求めている。
また、発射されたミサイルを迎撃するため、最新鋭ミサイル防衛システム「THAAD」や陸上配備型イージスシステム「イージスアショア」の導入の検討も求めた。
これを受け、政府は近く防衛省内に検討委員会を設置し、将来的な弾道ミサイル防衛の方針をまとめることにしている。

今回、耳慣れない「敵基地反撃能力」という言葉が使われている。
ここで使われている「反撃」とは何を意味するのか、「どういう段階」での「反撃」ということになるのか・・・それがこの先、議論されることになるかもしれない。

(文責:松島 スタッフ:能勢・中西・北原)