17日まで来日中のティラーソン米国務長官と岸田外務大臣は外相会談の後、共同記者会見を行った。
就任以来これまで、アメリカ国内を含めティラーソン長官は記者からの質問を受けておらず、これが最初の記者会見ということになった。
会談冒頭でティラーソン国務大臣は「アメリカと日本の同盟関係というのは、アジア太平洋地域の礎だ」として、アジア太平洋地域の安全保障と重視している姿勢を示している。
岸田外務大臣は、トランプ政権が見直しを進めている北朝鮮対策をめぐって意見をかわし、日米韓の3か国で連携して、北朝鮮に関し挑発行動の自制などを求めていくことと確認したと明らかにした。

今回の日米外相会談の大きなテーマはやはり、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮への対応だった。
ティラーソン国務長官は安倍首相を表敬訪問し北朝鮮についての意見交換を行ったうえで、17日から韓国、中国を訪問する。


(文責:松島 スタッフ:能勢・中西・北原)