ペンギンに起こる、年に1度の「変化」

テレビ長崎 藤崎玲奈記者;
こちらのフンボルトペンギンのプールでは今、ちょっと変わった姿が見られるんです。果たしてどんな姿なのでしょうか?

日本一ペンギンの種類が多い長崎市の「長崎ペンギン水族館」では、フンボルトペンギン59羽に、今ある「変化」が起きている。
それは…

長崎ペンギン水族館 ペンギン担当 玉田亮太さん;
これは換羽(かんう)と言って、1年に1度羽の生え変わりをする。今、羽の生え変わりの真っ最中。

長崎ペンギン水族館 ペンギン担当 玉田亮太さん;
こっちの白っぽいのが新しい羽で、モコモコしているところが古い羽 。

ほとんどの鳥類にとって飛ぶためにある「換羽期」だが、実は空を飛べないペンギンにもちゃんとやって来る。

2週間は「泳がず」「食べず」

フンボルトペンギンの場合は、繁殖期の後にあたる夏の時期が「換羽期」に当たる。

他のペンギンにも、それぞれ換羽の時期がある。
「モヒカンヘア」のように見えたり、「ハート型」に新しい羽が生えてきたりと、個性的な姿はまるで“ファッションショー”さながらだ。

長崎ペンギン水族館 ペンギン担当 玉田亮太さん;
羽の手入れの時にポロポロ落ちながら、全身が新しい羽に覆われるようになって換羽が終了する。

ペンギンの場合は、羽の生え変わりによって泳ぐ為に必要な「防水機能」が新しくなる。

およそ2週間ほどで新しい羽に生え変わり、その間はすべてのエネルギーを換羽に集中させるため、「泳がない」「食べない」ペンギンがほとんどだという。

長崎ペンギン水族館 ペンギン担当 玉田亮太さん;
換羽の前にものすごくエサを食べて、換羽の時期は貯えたエネルギーを使って換羽していくので、この時期はエサは全然食べない。

フンボルトペンギンの換羽は繁殖後の7月ごろから始まっていて、今月末ごろまで楽しめるという。

(テレビ長崎)

【関連記事:日本各地の気になる話題はコチラ】