プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.は、2020―2026年の間に市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的としたスマートロック市場の調査レポートを2021年03月05日で発刊しました。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-104853



世界のスマートロック市場は、2020ー2026年の予測期間中に12.23%のCAGRで成長すると予想されます。スマートフォンやその他の接続デバイスの採用の増加とスマートホームの成長は、市場の成長を促進するいくつかの要因です。

スマートロックは、暗号化されたデジタルキーまたはモバイルキーから認証命令を受信してドアをロックおよびロック解除する電気機械デバイスです。これは、ユーザーは従来のキーを必要とせずに、自宅に入室し、または他の人へのアクセスを提供することができます。ワイヤレス接続デバイスとモノのインターネット(IoT)の採用の増加は、スマートロック市場の成長を後押ししています。スマートロックは、IoTを使用して動作するさまざまなセンサーと統合されています。ユーザーは、キーレスエントリーデバイスを介してどんな場所からでスマートロック付きのドアにアクセスできます。さらに、インターネットやスマートフォンの普及が進むにつれ、市場の需要も高まっています。

市場セグメント

スマートロック市場は、製品タイプ別、技術別、エンドユーザー別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントは以下のとおりです:

製品タイプ別

デッドボルト
レバーハンドル
南京錠
その他


技術別

ブルートゥース
Wi-Fi


エンドユーザー別

居住
商業
産業



地域概要

地域に関しては、北米は世界のスマートロック市場で最大の収益を生み出しました。スマートフォンの普及とインターネット接続の普及により、北米ではWI-Fiおよびブルートゥースベースのスマートロックに対する需要が高まっています。さらに、ミレニアル世代の人口の増加と高い生活水準が、北米のスマートロック市場の成長を後押ししています。一方、アジア太平洋地域はスマートロックの市場成長が最も速いと予測されています。この成長は、主要なアジア太平洋諸国の高度な経済成長とその後の建設業界の成長に起因しています。

スマートロック市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

市場の主要なキープレーヤー

スマートロック市場の主要なキープレーヤーには、Miwa Lock Co Ltd、Assa Abloy AB、Master Lock、Allegion plc、Spectrum Brands Holdings, Inc.、Salto Systems、dormakaba Holding AG、Cansec Systems、Onity Inc.、Gantner Electronic GmbHなどがあります。この調査には、スマートロック市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/smart-locks-market/104853

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ