新型コロナウイルスの影響で去年は中止となった女子プロゴルフツアーダイキンオーキッドレディスが南城市で14日開幕した。

2年ぶりの開催となるダイキンオーキッドレディスには、全英女子オープンを制した渋野日向子選手や賞金女王・鈴木愛選手など豪華な顔ぶれが揃った。

県勢からはプロとアマチュア合わせて15人が出場。中でも本部町出身の比嘉真美子選手は地元での大会連覇がかかっている。

新型コロナウイルスの影響が続き女子ツアーとしては1年3か月ぶりに観客を入れての試合となり、選手たちはギャラリーの期待に応えるように初日から熱戦を繰り広げている。

大会は5日まで予選ラウンドが行われ上位60位タイまでが決勝ラウンドに進む。