プレスリリース配信元:SDKI Inc.

SDKI Inc.は、ウイルスベクター製造市場の新レポートを2021年03月03 日に発刊しました。この調査には、ウイルスベクター製造市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-110111



ウイルスベクター製造市場は、2018年の推定 327.8億米ドルから2023年までに815.8億米ドルに達し、20.0%のCAGRで成長すると予想されています。この市場の成長は、標的疾患および障害の有病率の上昇、遺伝子治療開発のための資金の利用可能性、遺伝子治療送達におけるウイルスベクターの有効性、およびウイルスベクターベースの遺伝子・細胞療法に関する進行中の研究により、推進されると予想されます。

市場セグメント

ウイルスベクター製造市場は、タイプ別(レトロウイルス、ガンマレトロウイルス、AAV)、疾患別(癌、感染症、遺伝性疾患)、アプリケーション別(遺伝子治療、ワクチン学)、エンドユーザー別(製薬・バイオ製薬会社、研究所)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

遺伝性疾患セグメントは、予測期間中に最も高い速度で成長すると予想されます。

疾患に基づいて、、ウイルスベクター製造市場は癌、遺伝性疾患、感染症、およびその他の病気に分割されます。予測期間中に、血友病AおよびB、鎌状赤血球貧血、ハンチントン病などのさまざまな遺伝性疾患に関する研究活動が加速しているため、遺伝性疾患セグメントは最大のCAGRで成長すると予想されます。

製薬・バイオ製薬会社が市場で最大のシェアを保持します。

エンドユーザーに基づいて、ウイルスベクター製造市場は製薬・バイオ製薬会社と研究機関に分割されます。製薬・バイオ製薬会社セグメントは、2018年に市場の最大のシェアを保持しました。ウイルスベクター遺伝子治療の成功した立ち上げとそのような治療の強力なパイプラインは、予測期間中に製薬・バイオ製薬会社セグメントの成長に貢献する重要な要因です。

地域概要

2018年には、北米が世界のウイルスベクター製造市場の最大の64.8%のシェアを占めました。多数の再生医療会社(遺伝子・細胞療法会社を含む)、研究活動の増加、標的疾患の有病率の上昇、資金の利用可能性などの要因は、北米のウイルスベクター製造市場の成長を支えています。

さらに、ウイルスベクター製造市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

市場の主要なキープレーヤー

ウイルスベクター製造市場の主要なキープレーヤーには、Lonza(スイス)、Merck(ドイツ)、Oxford BioMedica(英国)、CGT Catapult(英国)、Cobra Biologics(英国)、uniQure(オランダ)、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies(米国)、Spark Therapeutics(米国)などがあります。この調査には、ウイルスベクター製造市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/viral-vector-manufacturing-market/110111

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ