北朝鮮は12日、北西部のピョンアン北道クソン付近から日本海に向けて弾道ミサイル一発を発射、発射地点から、東に500㎞余り離れた日本海に落下した。
今回発射したのは北朝鮮の発表によると、北極星2号となっている。画像を見ると無限軌道(キャタピラ)を付けた大型の車輛に大きな筒が乗っているのがわかる。これは北朝鮮の移動式発射機で、車輪ではなく無限軌道になっているのはおそらく初めてで、ロシアのT-80型戦車のように前垂れのようなものがついている。蓋がるいている状態では、この筒は一見、ロシアのICBMのトポルあるいはトポルMに似ているようだ。
北極星と名前の付いたミサイルは北極星1号というのがあり、SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルとして2015年と16年に試験発射されている。
発射の画像を見ると、垂直に立てた筒から空中に撃ち出されてから、ミサイルが白い煙を吹いて噴射しているのがわかる。また、発射後の筒の内部を見ても塗料の色が焦げていえる形跡がない。これは、コールド・ローンチ方式と言い、水中から撃ち出される潜水艦発射弾道ミサイルに必要な技術だ。
さらに、発射準備に時間がかからない個体推進剤を使ったロケット・モーターとの見方が強い。
13日付けの「労働新聞」に掲載された写真では、上昇するミサイルの噴射口の周りに、グリッド・フィン(格子翼)が8枚並んでいるのが見える。これは噴射開始後の飛行を安定させるのに使っているものと思われる。
韓国軍の発表によると、北極星2号は水平距離500㎞、高度550㎞にまで到達しており、最大射程は1,000㎞から1,500㎞の間、つまりノドンの様に北朝鮮の地上から発射すれば日本全土が射程内となり、さらに日本海の海中から発射すれば、発射地点が判り難く対処が難しくなる。
(文責:松島 スタッフ:能勢・中西・北原)