2月23日朝、岩手県一関市の山林で木の伐採作業をしていた68歳の男性が、倒れてきた木があたり死亡した。強風により木が倒れてきたと見られている。

23日午前9時前、一関市室根町折壁の山林で木の伐採作業をしていた夫が倒れていると妻から消防に通報があった。

消防が駆けつけたところ、近くに住む会社員・村上實さん(68)が頭を打った状態で倒れていて、意識不明まま病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡した。

警察によると、村上さんは親族の山の木を切るために1人で作業をしていて、ヘルメットはかぶっていなかったという。

現場付近では23日の最大瞬間風速が20メートルを超えていたことから、警察は強風にあおられた伐採途中の木が村上さん側に倒れたとみて詳しく調べている。