今週末のJ1リーグ開幕に向け、必勝を祈願しました。

J1リーグ、サンフレッチェの選手、スタッフが23日、安芸高田市の清神社を訪れ必勝祈願を行いました。

戦国武将、毛利元就も祈願したという清神社、6シーズンぶりのタイトル獲得を目指して、佐々木キャプテンと荒木選手会長が選手それぞれがサインを入れた大きな絵馬を奉納した後、毛利元就に扮した武将から、城福監督へ3本の矢が、手渡されました。

サンフレッチェの開幕戦は、今週土曜日、ホーム、エディオンスタジアム広島でベガルタ仙台と対戦します。

【荒木隼人 選手会長】

「優勝を目指すところから始まると思いますし、本当にコロナ禍にもかかわらず、たくさんのファミリーの方が応援して下さっているので、その期待にしっかり応えたいと思っています」