冬型の気圧配置が強まっている影響で北海道内では各地でホワイトアウトが発生し、交通事故が相次いでいます。

 2月23日午前8時40分ごろ、北海道三笠市の道央自動車道で、札幌から稚内に向かっていた都市間バスが、前方を走っていたトラックに追突しました。 

 バスの乗客乗員合わせて25人と、トラックの運転手にケガはありませんでした。

 午前11時30分ごろには留寿都村の国道230号線で車3台が絡む事故があり、3人がケガをしました。いずれも命に別条はありません。

 北海道内は23日夜以降もホワイトアウトが発生するところもあり、ライトを点灯し車間距離を確保しながら運転するなど、注意が必要です。