福岡県の小川知事が22日に辞職届を提出したことを受けて、県の選挙管理委員会は知事選を3月25日告示、4月11日投開票の日程で行うことを決めました。

福岡県の選挙管理委員会は、県議会の吉松議長から小川知事の3月24日付けの辞職について通知を受け、23日午後4時から会議を開きました。

公職選挙法では、選管が辞職の通知を受けた翌日から50日以内に知事選を実施する規定になっています。

選管は、福岡県議会が3月24日まで開かれることなどを考慮し、知事選を議会閉会の翌日の3月25日告示、4月11日投開票の日程で行うことを決めました。

県選管の藤井克已委員長は「コロナ禍での選挙となるので事務局には適切な対応を取ってもらいたい」と述べました。