アメリカの旅客機のエンジンが発火した事故で、金属疲労により、破損したとの見方。

コロラド州で20日、ユナイテッド航空のボーイング777型機のエンジンから火が出て、部品が住宅街に落下した事故。

アメリカのNTSB(国家運輸安全委員会)は、初期的な調査で、エンジンのファンブレードが金属疲労により、破損した可能性があることを明らかにした。

NTSBによると、2枚のファンブレードに損傷が見つかり、1枚は根元から折れていて、別のもう1枚は折れたものが当たり、破損したとみられる。

NTSBは、関係者から、さらに聞き取りなどを進め、くわしい事故原因を調べている。