新型コロナウイルスの感染対策として、テレワークの普及を目指している札幌市は、2月23日から、テレワーク関連機器の展示や活用方法に関するセミナーを開いています。

 新型コロナウイルスの感染拡大の防止と、事業の効率化のため札幌市は、中小企業のテレワーク導入を進めています。

 2月23日から札幌市中央区の札幌グランドホテルでは、テレワーク関連の機器やソフトなどの展示と、活用方法に関するセミナーが開かれています。

 田中 うた乃 記者:「こちらのサービスは、会社のパソコンを家や出先から遠隔操作できます」

 会場では、職種ごとのテレワーク導入方法や月額1000円程度で使える便利な機器などが紹介されているほか、導入に関する相談窓口も設けられていています。

 このイベントは2月25日まで開かれています。