与党の「わいせつ教員根絶立法チーム」が、わいせつ教師を二度と教壇に立たせないための法整備の検討に入ったことわかった。

現在の法律では、児童や生徒に対してわいせつ行為を行い、懲戒免職となった教員も、3年たてば教員免許を再取得し、教壇に立つことが可能。

そこで与党のチームは、「小児性愛障害」と診断された者が、教員免許を取得できない仕組みなどを含む、法整備のたたき台を作成した。

3月から検討を始めて、5月にも法案をとりまとめ、成立を目指す方針。