2月21日夕方、岩手県盛岡市月が丘の県営アパートでバイクを覆うシートを焼く火事があり、警察は連続不審火との関連性などを調べている。

21日午後5時すぎ、盛岡市月が丘の県営アパートで通路に停めていたバイクを覆うシートが焼けているのを、通りかかった小学生が見つけた。

バイクの持ち主によると、シートの一部が焼けたほか車体の一部が焦げた。

1月から近くの県営アパートの掲示板などあわせて5か所で不審火が起きている。

今回は不審火への警戒を呼び掛ける掲示のすぐそばでの火事だった。

バイクの持ち主は…

「このままでは走れない。修理するか廃車にするか。(放火であれば)犯人に弁償してもらいたい」

警察では連続不審火との関連性などを調べている。