21日夜、福山市で、道路を横断していた男性が、18歳の高校生が運転する軽ワゴン車にはねられ、死亡する事故がありました。

警察によりますと、21日午後7時40分ごろ福山市千田町の交差点で、道路を横断していた男性が、18歳の女子高校生が運転する軽ワゴン車にはねられました。

男性は全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認されました。

女子高校生は免許を取って数ヵ月で、車に同乗者はおらず1人で運転していました。

現場は片側一車線の直線道路ですが、山陽自動車道の高架をくぐる交差点となっていて、信号機や横断歩道はありませんでした。

警察は死亡した男性の身元の確認を急ぐとともに、詳しい事故の原因を調べています。