2月21日、江別市のスーパーで食料品を盗んだ男が、声をかけた店長の顔を殴りケガをさせたとして、強盗致傷の現行犯で逮捕されました。

 逮捕されたのは江別市に住む自称・無職の倉島秀紀容疑者(65)です。

 倉島容疑者は21日午後5時ごろ、江別市朝日町のスーパーで、菓子やカマボコなどを盗んだ際、呼び止めた女性店長の顔を殴ったとして、通報で駆け付けた警察官に強盗致傷の現行犯で逮捕されました。

 女性は鼻血が出る軽傷です。

 調べに対し倉島容疑者は「お腹が空いていて盗んだ。逃げようとして殴った」などと話していて、警察が詳しいいきさつを調べています。