コロナ禍で打撃を受けている北海道内のスポーツ関連産業の活性化へ向けて新たなスポーツビジネスの展開を考えようと、2月19日ビジネスミーティングが開かれました。

 この催しは、「北海道経済産業局」と異業種交流で新しいビジネスの創出を目指す「スポプラ北海道」が共同で行ったものです。

 トークセッションではバーチャル空間でバスケットボールのフリースローやランニングをリアルに体験できるシステムなど、先端技術とスポーツの融合がもたらす新たな可能性についての取り組みが紹介されました。 

 また企業側からは、ウオーキングアプリの活用促進やドローンとサッカーを組み合わせた新スポーツドローンサッカーを活用した新しいサービスの展開へ向けて提案が行われました。