東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森会長の後任について、18日午後4時からの理事会で橋本聖子前オリンピック・パラリンピック担当大臣が会長に選出された。

選出を受けて橋本聖子新会長が会見する。

会長は組織委の理事会メンバーから互選する仕組みのため、後任の会長候補を選ぶ「候補者検討委員会」が18日正午過ぎ橋本大臣を正式に後任候補と決定した事を受け、午後から理事会に続き評議員会が開かれ橋本大臣を理事に選任。午後4時から、この日2回目の理事会が開かれ橋本大臣が正式に会長に選出された。

橋本聖子五輪相は18日、東京五輪組織委から会長候補に推されたことを受け、菅首相に対し閣僚の辞表を提出、了承されていた。

※ストリーミング配信のため、実際の時刻より数十秒の遅延が生じます。

【関連記事はこちら】
橋本新会長「引き締まる思い」 大会組織委理事会で決定