スマートフォンを持って歩くだけで、観光地の情報を自動で音声案内するアプリの実証実験が長崎市で始まりました。

KTN記者 「アプリを起動させて歩いていると、訪れた場所の案内が自動で始まります」

実験が始まったのは、人工知能=AIを使った非接触型の音声ガイド「CITYWALK」です。

このアプリは、対応する観光地でQRコードを読み取ると、その場所の歴史や楽しみ方、SNS映えするスポットなどを案内してくれます。

体験した人は 「いちいち検索しなくても、見ながら自然に耳に入ってくるのがすごく便利でいいなと」

観光庁に採択された事業の一環として、KTNテレビ長崎が進めていて、2月14日からグラバー園、出島、伊王島で実験が始まりました。

対応する3カ所を見て回りたくなるように、それぞれの場所のつながりについてもガイドをします。

ThinkX株式会社 社長「現地の人に寄り添って自分たちが体験して、本当にいいと思ったものをコンテンツとして提案することを大事にしました」

約1カ月間の実証実験を経て、さらに改良を重ねたいとしています。