空き巣に狙われた美容室のカメラが捉えた一部始終。
店にあったタブレット端末を、懐中電灯代わりに使う様子が映っていた。

空き巣の一部始終をカメラが捉えていた

FNNが独自に入手した防犯カメラの映像。
2月8日午後9時ごろ、大阪市内の美容室に全身黒ずくめの不審な人物が現れた。

この記事の画像(11枚)

まず真っ先に向かったのは、レジがあるカウンター。金目のものがないか引き出しを次々と開け、物色を始める。
その手元を見ると、何か持っているのがわかる。

これは、店のタブレット端末。
薄暗い店内で懐中電灯がわりに使っていたようだ。

侵入から30秒。レジに目をつけたものの、中には現金は入っていない。
2度もレジを開けて確認するが、やっぱりない。

実はこれ、店が講じた泥棒対策だったのだ。

"まさかの備え”が"まさか”に役立つ

この美容室では、空き巣にレジを壊されないよう、あらかじめ鍵を開けておく代わりに、現金を入れずに空っぽの状態にしていたのだ。

侵入者は、その場にタブレット端末を置くと何も盗むことなくトボトボと退散。
最後に一度立ち止まり、名残り惜しそうにレジカウンターを見つめていた。

見事侵入者を撃退した美容室のスタッフは、対策の効果についてこう話す。

被害に遭った美容室の従業員:
まさかの事態に備えてやっている対策が、ほんまにまさかのことが起きたのでよかった。
(店の周辺で)ここの店以外で2件、同じような手口で窃盗被害が出ていると警察に言われた

対策により現金は盗まれなかったものの、店にはある損害が出た。
侵入の直前の防犯カメラは、店の扉の前でゴソゴソと動く人影を捉えていた。
この時 犯人は、スイッチボックスにマイナスドライバーのようなものを突っ込んでシャッターを開け、

その後 ガラス扉を割って店内に侵入したとみられている。
ガラス扉の修理代は約10万円だった。

被害に遭った美容室の従業員:
犯行時間が午後9時なんです。スタッフが午後8時半ごろまで店にいたらしくて、犯人はスタッフが出たのを監視していた可能性もある。怖いですね

美容室は被害届を提出。
警察が逃げた犯人の行方を追っている。

被害に遭った美容室の従業員:
店に侵入してきて、すぐにレジに迷わず向かったのは、慣れているからレジの場所が大体分かっていたのか、一回来店されたことがあるのか、腹立ちますね

(「イット!」2月17日放送より)