2月17日未明、北海道札幌市白石区にあるアパートの空き部屋で、紙などが燃える不審火がありました。

 同じ部屋では2月、2度ボヤ騒ぎがあり警察が関連を調べています。

 長岡 伶奈 記者:「現場は現在空き家となっていてガラスが割られていて、燃えた床の断熱材もあります」

 火事があったのは、札幌市白石区中央2条6丁目の2階建てアパートです。 

 午前3時30分ごろ、2階の住人から「部屋から煙が出ている」と通報があり消防が駆け付けたところ、1階の空き部屋の窓ガラスが割れていて、中で紙や床が燃えていました。 

 警察は何者かがガラスを割り、火のついた紙を投げ込んだ可能性があるとみて調べています。 

 またこの部屋は改装中でしたが、2月に入り2度作業員が壁や床などが焦げているのを見つけていて、警察が関連を調べています。