東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の後任を決める「候補者検討委員会」の初会合が、16日午後から始まった。

午後1時前から、委員長を務める御手洗名誉会長をはじめ「候補者検討委員会」の委員が、次々に東京都内のホテルに入り、現在、会合が行われているものとみられる。

関係者によると、委員会は、男女4人ずつの8人で構成され、御手洗名誉会長のほか、JOC(日本オリンピック委員会)の山下会長、東京都の多羅尾副知事、スポーツ庁の室伏長官、元バレーボール選手の荒木田裕子氏、元体操選手の田中理恵氏、元柔道選手の谷本歩実氏、パラリンピック水泳選手の成田真由美氏が選ばれたという。

16日の初会合では、会長の要件や選考方法などを決定し、17日には各委員が候補者を提案し、数人もしくは1人に絞り込む方針。

その後、理事会を開き、早ければ週内にも後任の会長が決まる見通し。

午後5時か6時に、武藤事務総長が16日の内容を説明するとしている。