2月13日午後11時過ぎの地震の影響で、栃木県と岩手県の間で運転を見合わせている東北新幹線が16日、盛岡と一ノ関の区間で運転を再開した。

報告:馬久地杜行記者

「通勤でも利用される一ノ関~盛岡間が3日ぶりに再開です」

JR盛岡駅では16日午前8時半過ぎに再開した下り列車が到着すると、通勤客など約150人がホームに降り立った。

東北新幹線は13日夜に発生した地震の影響で、栃木県の那須塩原から盛岡の間で上下線の運転を見合わせていたが、安全が確認された一ノ関~盛岡間が16日運転を再開した。

水沢江刺駅からの乗客は…

「(再開前は)東北本線でなんとか行っていましたが、改めて新幹線のありがたみや便利さを実感できた」

JRによると再開した区間のダイヤは、通常の3割程の1日6往復を予定している。

また、全線での運転再開は2月24日ごろの見込みだという。