東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の後任を決める「候補者検討委員会」の初会合が、16日午後行われる。

御手洗名誉会長は、FNNの取材に対し、後任は「白紙」だと強調した。

16日午後、初会合を行う「候補者検討委員会」では、御手洗冨士夫名誉会長が委員長を務める。

組織委・御手洗名誉委員長「(きょう検討委員会ですが、どういう人が会長がいいですか?)全然まだ白紙です」

関係者によると、委員会は、男女4人ずつの8人で構成され、2回開く予定。

16日の初会合では、会長の要件や選考方法などを決定する予定。

17日には、各委員が候補者を提案し、数人もしくは1人に絞り込む方針で、その後、理事会を開き、早ければ週内にも、後任の会長が決まる見通し。

組織委員会は、メンバーや選考過程は候補者が決まるまでは公表しないとしている。

後任候補には、橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当相らが取りざたされている。

橋本五輪相「(何らかの打診や要請はあったか?)いいえ、まったくそのようなことはございません」

選考について、橋本五輪相は、透明性のある形で行われ、「早期に新しい体制ができることを期待したい」と述べた。