北海道内で2月15日、新たに新型コロナウイルスの感染者が1人死亡、41人の陽性が確認されました。

 北海道内での死者発表は100日連続となり、計640人になりました。北海道発表分の1人です。

 感染者は41人。北海道発表分21人、札幌18人、函館市1人、小樽市1人です。

 北海道は11日連続で100人を下回りました。

 函館市と小樽市ではクラスターが拡大しています。

●函館少年刑務所(函館市)

 新たに被収容者1人の感染が確認され、この関連の感染者は計27人(職員11人、被収容者16人)となりました。

●小樽協会病院(小樽市)

 新たに看護師1人の感染が確認され、この関連の感染者は計64人(入院患者32人、職員32人)となりました。

 旭川市は7日ぶりに感染者が確認されていません。

【2月15日北海道発表分の感染者情報】

▼石狩地方:10人

▼後志地方:2人

▼胆振地方:1人

▼渡島地方:1人

▼留萌地方:1人

▼釧路地方:4人

▼根室地方:2人

 高校での感染も確認されています。

●北海道恵庭南高校

●北海道北広島高校

 生徒の感染が確認され、それぞれ当面の間学級閉鎖とします。

 北海道は2月15日までとしていた「集中対策期間」を3月7日まで延長し、緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来自粛を求めるとともに、2月28日までは札幌市と小樽市の不要不急の外出自粛や往来自粛の要請を継続。札幌市内全域の飲食店に午後10時までの時間短縮営業の要請をし、感染拡大防止に取り組むことにしています。

 北海道内の感染者は、計18489人となりました。