ガールズバーで代金を支払う意思がないのに約2万5000円分の飲食したとして、54歳の男が逮捕されました。

 詐欺の現行犯で逮捕されたのは、北海道札幌市白石区に住む54歳の無職の男です。

 警察によりますと男は2月13日午前3時20分ごろから午前5時20分ごろにかけて、札幌市中央区ススキノ地区のガールズバーで、ビールやバーボン・ウイスキーなど2万4500円相当を飲食しましたが、会計の際支払う意思も示さないなどとして、店の通報で駆け付けた警察官に逮捕されました。

 当時の男の所持金は2503円だったということです。

 調べに男は「私がすべて悪いので弁解のしようもありません」などと話しているということです。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、北海道はススキノ地区を含む札幌市内全域の接待を伴う飲食店には2月15日まで午後10時までの「時短要請」をしていて、16日以降も対策を継続することを決定しています。