ウェザーニューズの気象予報士に聞くお天気箱。担当は甲斐隆宏さんです。

今回は「124年ぶりの立春」です。現在は寒の内といって寒い時期にあたり、特に大寒は1年でもっとも寒い頃とされています。来週は2月2日が節分、3日が立春ということで、暦の上では春が訪れることになります。もともと節分は立春の前日だけでなく、立夏や立冬など、季節が新たに始まる前日、季節を分けるという意味で年に4回ありました。現在では立春の前日の節分だけを指すようになっていますが、これは旧暦では新年を迎えるこの時期と重なることが多かったために、特別なものとして考えられていたからと言われています。新年というように、この立春が二十四節気の1つ目の節気ということになります。

【節分豆まきは3日では?】

節分で豆まきをするのは3日のイメージがありますが、今年は2日になるんです。遡って見ると、これまで36年間は2月4日が立春だったので、ほとんどの方は「3日の節分に豆まき」をするというのが定着していると思います。3日ではなかったのは37年前の1984年(2月4日節分 5日立春)で37年ぶり、さらに遡ると1897年は今年と同様に3日(節分は2日)が立春となりますので、124年ぶりということになります。

【なぜ124年ぶりに3日立春?】

暦と1年365日にズレが生じてしまうからです。このズレを調整するために「うるう年」があります。1年は正確には365日ではなく、プラス約5時間49分あります。4年で約24時間、1日分遅くなってしまいますので、うるう年で1日足すことによって調整しています。ただ、端数があるため、うるう年は結果的に44分早くなってしまいます。このように1日の中でも立春を決める中央標準時というものがあり、今回は3日の23時59分になりました。節分は立春の前日という決まりですので、2日なるということになります。

1分遅ければ例年通り4日が立春だったんですね。この1分が大きいですね。遅くなったり、早くなったりを繰り返しつつ、ここ数十年は4日の中におさまっていましたが、今年は3日にズレ込んだということになります。また、2100年にかけて見ると早まる傾向になるため、2025年も3日が立春となります。難しい話になりましたが、例年と比べて1日早まりますので、忘れずに鬼退治をやっていただければと思います。