カツカレー“食い逃げ男”逃走の瞬間

真っ黒な服で洋食店に入ろうとするこの男。この44分後、大盛りカツカレーを食い逃げして店を後にする。一体どんな行動をとったのか。

この記事の画像(12枚)

これはFNNが独自に入手した防犯カメラの映像。食事を終えて飲食店を出ていく一人の男が写っている。ところが…

店内からの声:
あいつ逃げたよ

カメラが捉えたのは、食い逃げの瞬間だった。

被害にあったのは、緊急事態宣言下で時短営業を続ける東京・杉並区の洋食店「アオヤギ」。

店の前に全身黒ずくめの男が現れたのは、1月25日午後2時ごろ。すぐに入店はせず様子を伺い、移動して何かを見ていた。それは店頭に飾られたメニューだった。

注文時には大盛り料金を確認していた

食べるものが決まったのか、店内に入っていくと真ん中辺りの席に座ったという。出入り口の様子が見渡せる場所だ。そしてメニューを見た後、店員にこう話しかけたという。

食い逃げをした男:
カツカレーは大盛りにするといくらですか?

男が注文したのはカツカレーの大盛り。山盛りのご飯にトンカツを乗せたボリューム満点の人気メニューで、値段は1390円。男はそれをペロリと平らげたという。

お腹を満たした男はコートを着ると、そのままレジに立つ店員の前を通り過ぎていったのだ。

防犯カメラには代金を払わずに、店を後にする食い逃げの瞬間が映し出されていた。悪びれる様子もなく、ポケットに手を突っ込んでいる。食い逃げに気づいた店員たちが慌てて外へ飛び出したが、すでに男の姿は見当たらなかったという。

被害にあった洋食店「アオヤギ」小菅有子取締役:
背も高くて真っ黒の洋服だったので、見ればすぐわかるかなと思ったんですけど。見当たらなかったので…

店に残されたカツカレーの伝票には、店員によって「無銭飲食」と書かれていた。

落ち着きなく水を…店内では不審な行動

男が店に来たのは午後2時。そして店を出たのは午後2時44分。

店内にいた44分間、男は怪しい様子を見せていた。店員によると、男は目をキョロキョロとさせながら店内を見回し、落ち着きない様子でセルフサービスの水をよく飲んでいたという。

さらにカツカレーを注文する際には…。

被害にあった洋食店「アオヤギ」小菅有子取締役:
注文をなされるときに、ちょっといろんなところに目を通したり、結構時間をかけて(注文)していたので、メニューを見ているときは初めての方なんだなというのもありましたし

この洋食店は被害届は提出せず、男が代金を支払い謝罪すれば許すことも考えているという。

新型コロナの影響で、飲食店が打撃を受ける中で起きた食い逃げ。被害にあった洋食店でも売り上げが7割ほども減少していた。店は食い逃げをした男にこう呼びかけている。

被害にあった洋食店「アオヤギ」小菅有子取締役:
飲食店はみんな大変で、うちだけで止めてほしいというのはありますね。ちょっと少しは考えて反省してほしいかなとは思いますね

(「イット!」1月28日放送より)