8歳男児が全治半年の大ケガ、義理の父親逮捕

事件は2019年5月、母親不在の自宅内で起きた。

当時、自宅にいたのは義理の父親と10歳の次女、そして8歳の三男の3人だけだった。

義理の父親である久保山明代容疑者(30)は三男の腹や腕を複数回蹴るなどして、右肺挫傷のほか右腕も骨折させ全治半年の大ケガを負わせた。

久保山明代容疑者(30) 埼玉・西入間署 1月27日
この記事の画像(6枚)

警察は男の子が負ったケガについて次のように語った。

「被害にあった男の子は骨折に関して、”木登り中に転落してケガをした”と言っていた。この為、当初は虐待事件として捜査することはなかった。なぜ男の子がこのような虚偽の説明をしたのか、久保山容疑者に強制され言わされた可能性もあるとみて調べている」

当初は虐待事件として明るみになっていなかったが、2020年8月、男の子が児童相談所の職員に対して「骨折は久保山容疑者にされたもの」と話したことから事件は発覚。その後、警察は本格的な捜査に乗り出し久保山容疑者を傷害容疑で逮捕した。

久保山明代容疑者 埼玉・西入間署 1月27日

3人の子供は児童相談所によって保護

警察は児童相談所などと連絡をとりながら、久保山容疑者の家庭を注意深く見守っていた。そして、児童相談所も子供たちが通う学校と連携し定期的に身体測定を行い、体に虐待によるアザなどが付いていないか確認とり、必要に応じて家庭訪問もしていた。

そして事件から1年が過ぎ、虐待の事実を確認した児童相談所は男の子を含む3人の子供を一時保護し、久保山容疑者から離れて暮らす対応をとった。

事件後、取材に応じた鶴ヶ島市のこども支援課の担当者は「現在、3人の子供は施設で安全に暮らしている」と話している。

母親「躾だった。虐待は一切ない」

久保山容疑者の妻、けがした男児の母親

虐待事件の容疑者として逮捕された久保山容疑者の妻で、ケガをした男の子の母親が取材に応じ、「今回の事件はやり過ぎたこともあるが、躾だった」と述べた上で、その胸の内を明かした。

--夫が逮捕されたことをどう感じている?
びっくりしかないですよね。虐待をテレビでのニュースで言うように「厳しくなった」と警察からも聞いて、私たちの時代は怒られて(叩かれるのが)当たり前だったのですけど、今はそうじゃないと。

--骨折するほど「躾」があったという事についてはどう思うか?
やりすぎはやりすぎなんですけど、(久保山容疑者を)かばうわけではないが、(息子が悪いことを)やり過ぎたのも半分はあるかなと、そのあとずっと反省をしているので。

--子供が「木登りを落ちてケガをした」と言ったのは久保山容疑者が言わせていたのか?
私もちょうど自宅にはいなかったのですけど、子供が「木から落ちた」と言ってみんなそれを信じていたので、児童相談所から(久保山容疑者が骨折させたという)話しを聞いてびっくりしたという感じでした。

--それは久保山容疑者がやりすぎてまずいことになったということで、子供にそういう説明をするように言っていたのか?
それはないと思います。男同士の約束だからねと、息子と言ったみたいで。「パパが捕まるのは嫌だから」と言って子供が言ったみたい。

--木登りは本当にしていたのか?
それは確実に分からないのです。だから子供の話を聞く限り、「木登りをして落ちた」と言って、それを聞いて、「登ったらいけないよ」と注意するしかなかったので、それで実際に救急車を呼んで運んで、入院になったのですけど、主人も病院に泊まったりしていて、もう普通に子供も接していたので。

--夫から子供に手を出してやってしまったというような告白はなかったのか?
なかったけど、怒ったときに手を叩いたというのは一回ありましたよ。子供を私の前で叩いたことはあるけど、そこまではないですね。

--子供たちが学校に行っている時に児童相談所に保護されたと聞いているが、これついてはどう思うか?
その時は携帯のゲームを一日中やっていたので怒って取り上げた。課金とかを勝手にやっていて、それで注意して怒って、それで一度、児童相談所に連れて行かれたけど、ちゃんと戻って、普通に接していた。

--今回の事件について、子供が骨折し、夫が警察に逮捕されたということを母親としてどう受け止めているか?
まぁショックとしか言えない。子供の話を信じていたので。あとで家族会議をやって悪いことをしたら怒るのは母親と父親しかいないから、たまにやっぱ余所からきた血の繋がりのない旦那だから虐待と思われても仕方ないけど、そういう(虐待)のは全然ないから、普通に親子関係でやっていたくらいなので。

--虐待を受けた子供は久保山容疑者に懐いていた?
一緒にいて遊びにいったり、出掛けたりもしていた。

--母親として警察に話しを聞かれていると思うが、久保山容疑者が逮捕されることは望んでいなかった?
そうです。

久保山明代容疑者

--朝、警察が来た時はどういう状況?
もうびっくりしかない。どうしたのという感じ。二年前の話しなので、、、

--逮捕後に警察署で久保山容疑者に会った?
もう会っていない。自宅で午前9時くらいに逮捕されて会っていないです。

--普段から子供を殴るようなことはあったか?
躾みたいな感じですね。家の中で。

--久保山容疑者は現在、どのような仕事を?
体調を崩して無職です。

--子供から父親に叩かれて「お母さん助けて」というようなメッセージはあった?
ないです。楽しいとしか(言っていなかった)

--母親から見て子供と久保山容疑者が一緒にいて楽しそうに見えた時はあった?
一緒にゲームセンターに行ったり、カラオケに行ったり、親子全員で行ったりそんな感じです。

--普段から家庭内で暴力はなかった?
怒るときは最初口で言って、聞かなければ手を叩くことはあった。私も見ていたし。
親の言うことを聞かなければそういう事もあった。手を叩く事は、回数で言って3回くらいは見ていた。

--アザができるくらい?
そんなことはない。

--過去に2回、警察が介入するような事案があったと聞いているが?
それは警察から言われて、虐待の恐れがあると言われたが、子供たちが「それはない」と警察に言っていたので。

--どういう状況だった?
その時は一番上の娘が家出をしていて、それで警察が虐待をしていないかとか、というのを言われたけど、虐待は一切していない

--家族内の躾がこのような逮捕になってしまってびっくりしている?
そうです、それが本音です。

--虐待を受けたとされる男の子は今でも久保山容疑者に懐いている?
そうです。遊びに行ったり、一緒に飲食店に行って、男同士で出掛けると言って、食事をしたり。

--現在、この家には子供が児童相談所に保護されて一緒に暮らしていないが、母親としてどう受け止めている?
今は(子供が)いないから、寂しい。児童相談所から、前のことがあるから「少し距離をおきませんか」ということで、(返してもらえなかった)

祖母「言うことを聞かないとカッとなるタイプ」

また自宅に一緒にいた祖母も次のように答えた。 

取材に応じた祖母

--祖母からみて久保山容疑者はどのような人物だった?
優しいときは優しいけど、ちょっと、孫が言うことを聞かないとやっぱりね、言うことを聞かないとカッとなるタイプじゃないですかね。

―お孫さんはどういうお孫さん?
可愛いですよね孫は、目にも入れても痛くないというくらい可愛い。

--そんな孫が骨折をさせられたと聞いてどう思いますか?
今までそんなことないと聞いていたのに…

久保山容疑者「殴ったり蹴ったりしたのは間違いない」

逮捕後の警察の調べに対して「殴ったり蹴ったりしたことに間違いありません」と容疑を認めている久保山容疑者。警察は日常的に暴行があった可能性もあるとみて捜査している。

執筆:フジテレビ報道局 社会部 河村忠徳