名門慶応大学に通う現役の男子学生が、コロナで打撃を受けた事業者を助ける給付金をだまし取った疑いで逮捕された。

慶応大4年生が持続化給付金詐欺で逮捕

「K」の文字が入った帽子を被る野球部員、慶応大学4年生の鶴岡嵩大容疑者(22)。島根県警に詐欺の疑いで逮捕された。

この記事の画像(9枚)

鶴岡容疑者は、島根県に住む大学生を使い、持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれている。

「持続化給付金」は、新型コロナウイルスの感染拡大によって収入が減った個人事業主を支援するためのもの。

鶴岡容疑者は2020年7月、知り合いの島根県松江市に住む男子大学生に、個人事業主と偽らせて持続化給付金を申請。そして、男子大学生の口座に100万円を振り込ませた疑いが持たれている。

家は一等地、祖父はプロ野球選手

現在は野球部を引退しているという鶴岡容疑者。容疑者を知る慶応大生によると、野球関係者には名を知られた存在だったという。

鶴岡容疑者を知る慶応大生:
おじいちゃんか、ひいおじいちゃんがプロ野球選手みたいな感じ。高校の時はバリバリ試合に出てご活躍されている方だった。
(鶴岡容疑者は)笑っていることが多いイメージだったんで、そんなに悪さをするみたいなイメージはあんまなかった

詐欺行為に手を染めるような印象はなかったという。さらに…。

鶴岡容疑者の自宅があるのは、都内有数の高級住宅街として知られる港区白金台。住所だけを見ればお金に困っているとは思えない。

大学生の給付金詐欺 相次ぐ

まるで慶応ブランドそのままの鶴岡容疑者。なぜ詐欺の容疑で逮捕されたのか。

鶴岡容疑者を知る慶応大生:
ニュースでそういうの(詐欺)が横行しているのを見たことがあって、なので最初にこのニュースを聞いたときもそういうことをする人がいるんだなと思った

全国で見てみると大学生が持続化給付金の詐欺で逮捕されるケースが相次いでいる。

2020年9月には、愛知大学の学生2人(当時)が同じ大学に通う学生名義で持続化給付金をだまし取ったとして逮捕されている。

1月21日は東京目黒区の23歳の男が逮捕され、男の下で実行役となった300人の中にも、複数の大学生が含まれていたとみられている。だまし取ったお金は総額3億円以上とも。

今回、鶴岡容疑者はSNSを通じて松江市の男子学生と知り合ったといい、給付金の一部をアドバイス料として受け取ったとみられている。

男子大学生が2020年9月、警察に自分は不正受給をしているのではと相談したことで事件が発覚した。

警察の調べに対し鶴岡容疑者は「不正受給に関わったことは間違いありません」と容疑を認めている。

警察は、このほかにも同様の手口で不正受給を指南したとみて調べを進めている。

鶴岡容疑者を知る慶応大生:
同じ大学に通っている者として、あってはいけないことだと思った

(「イット!」1月27日放送より)

【関連記事】
【独自】シャンパンとピース「金儲けのカリスマ」大学生狙ったねずみ講も? “総額3億円” だましの手口​
被害総額3億円以上 不正給付金で高級タワマンに星付き寿司店三昧 「金儲けのカリスマ」の豪遊生活