田村厚生労働相は、新型コロナウイルスの検査について、複数の検体をまとめて行う「プール方式」を導入する方向で、最終調整していることを明らかにした。

田村厚労相「プール検査の方も、いよいよわれわれ検討していて、いま最終段階に来ているので、そういうことも含めて、しっかりとなるべく多くの検査をやっていきたい」

田村厚労相は14日夜、BSフジの「プライムニュース」に出演し、複数の人の検体をまとめて検査するプール方式について、介護施設などから要望があることをふまえ、導入に向けて検討を進めていて、最終段階であることを明らかにした。

厚労省は、具体的な方式がまとまり次第、各自治体に示す方針。