特定危険指定暴力団工藤会トップの裁判。

検察は、市民が襲撃された4つの事件で殺人などの罪に問われている最高幹部に、死刑を求刑しました。

工藤会の最高幹部・野村悟被告(74)とナンバー2の田上不美夫被告(64)。

1998年、北九州市の繁華街で元漁協組合長の男性が射殺された事件と、2012年に工藤会の捜査に携わった元警部が銃撃された事件ー。

さらに2013年に福岡市で起きた女性看護師刺傷事件、その翌年、北九州市で起きた男性歯科医師の刺傷事件で犯行を指示したとして、殺人などの罪に問われています。

検察側は、工藤会が被害者が関わる「利権」に関心を寄せていたことや、野村被告が被害者への「恨み」や「怒り」を抱いていたことが事件の背景にあったとしています。

犯行の指示の有無が争点となる中、野村被告らは4つの事件について、共謀や指示はしていないと一貫して無罪を主張しています。

14日に福岡地裁で開かれた論告求刑公判で、検察側は「暴力団であることを顕示し組織的に行われた犯行であり、上位者の意思決定が必要不可欠」「野村被告が意思決定を行い田上被告が組員を率いて実行した」と指摘しました。

その上で「人命軽視の程度が甚だしく社会に対する影響も大きい」などとして、野村被告に死刑を求刑。

田上被告には無期懲役と罰金2000万円を求刑しました。

裁判は、2021年3月に予定されている弁護側の最終弁論を経て、判決が言い渡されることになっています。