福井銀行は14日、福邦銀行に対し、子会社化を念頭に50億円を出資することを明らかにした。福邦銀行のブランドは維持した上での資本提携となる。

福井銀行、福邦銀行は共同で会見を開き、福邦銀行が公的資金を返済後、財務体質を強化するため、福井銀行が50億円を出資し、株式の割り当てを受ける資本提携に合意したと発表した。

両行は去年3月、業務の効率化やコスト削減を図るため、包括提携を締結し、資本提携を模索していた。

資本提携は、6月の福邦銀行の株主総会などを経て、夏以降に手続きが完了する見通し。