名古屋市中区の宅配ピザ店で起きた強盗致傷事件で逮捕・起訴された男が、犯行の前日に知人の車から現金を盗んでいたとして再逮捕されました。

 再逮捕されたのは、住所不定・無職の児島佑汰容疑者(29)です。

 警察によりますと、児島容疑者は去年11月、名古屋市中区の路上に止まっていた知人男性の車から、現金およそ30万円などが入った財布を盗んだ疑いが持たれています。

 児島容疑者は、知人男性が車で寝ている間に、空いていた運転席側の窓から手を伸ばして財布を盗んだとみられ、調べに対し「お金が必要だった」と容疑を認めています。

 児島容疑者は去年11月、中区の宅配ピザ店で店員にケガを負わせたうえ現金を奪ったとして、逮捕・起訴されていますが、その前日に今回の犯行に及んでいました。