長崎から新たにバレーボールのトッププレーヤー、Vリーグ選手が誕生です。

鎮西学院高校出身の梅本 選手が 堺ブレイザーズに入団することが発表されました。

雲仙市出身で、鎮西学院高校卒業の梅本 鈴太郎 選手は現在、中央大学の4年生で、身長193センチと恵まれた体格を生かし、ミドルブロッカーとして活躍しています。

梅本選手は2019年には23歳以下の日本代表としてアジア選手権にも出場。

このほど、Vリーグの堺ブレイザーズに入団が決まり、2月、チームに合流します。

梅本 選手は「新人として誰よりも元気にチームを盛り上げていけるように頑張ります」とコメントしています。