みやざき完熟きんかん「たまたま」の販売が解禁となりました。今年は天候に恵まれ順調な出来になっているということです。

日本一の生産量を誇る県産のきんかん。その中でも大きさと糖度の基準をクリアしたみやざき完熟きんかん「たまたま」の販売が14日に解禁となり、宮崎山形屋の果物店の店頭に並べられました。

今年は生育期の天候に恵まれ玉太りや色づきもよく、安定した数量を出荷できる見込みで、3月末まで約1200トンの出荷を予定しています。

14日に全国の40市場で初セリが行われ、宮崎市の中央卸売市場では「たまたまエクセレント」1キロに1万円の最高値がついたということです。

(買い物客)

「時期のものをいただいております。自宅で主人と1つずつ食べてみようと思って買いました。」

(JA宮崎経済連 白方孝行さん)

「まず県民の皆様に味わっていただきたいのと、なかなか宮崎に帰省できていない方々、そして県外のお知り合いに、宮崎のブランドであるきんかんたまたまを送っていただきたい、PRしていただきたいと思っています。」

新型コロナの影響で試食販売を控える傾向にあるため、JA宮崎経済連ではSNSを活用してキャンペーンを行うなどPRを強化しているということです。