かわいいけれどちょっと心配になる?爆睡動画

編集部では以前、首をキュッとすぼめてまん丸フォルムになるアザラシ・日和ちゃんの動画(「アザラシの首が消えた!? 秘技「首をスポッと縮める」ポーズが面白い」)をご紹介したが、そんな癒やし系動画を発信した、北海道紋別市の「アザラシシーパラダイス」から、またもこんなかわいい動画が届いた。

「ただただアグが寝ている動画です笑。
アザラシってどうやって寝ているんですかと聞かれることもあるのですが、こんな感じで無心で寝ている時もあります」


画像:紋別市アザラシシーパラダイス
画像:紋別市アザラシシーパラダイス
この記事の画像(7枚)

動画に登場しているのは、31歳のオスのゴマフアザラシ・アグくん。

さっそく再生してみると、前足とヒレを体にぴったりとつけ、プールにぷかぷか浮かんで目を閉じているアグくんの姿が。
そしてそのまま、撮影が終わるまでの11秒間、微動だにせず漂い続ける……

素晴らしい寝相を見せてくれたこの動画は、投稿からわずか2日で220万回以上再生され、「寝相いいなあ」「かわいい、癒やされる!」の声が寄せられるなど、大人気となっているのだ。


しかし、この動画にはかわいさの他に気になるポイントが。

気持ちよさそうに眠るアグくんに癒やされる声と共に寄せられているのは、「呼吸どうなってるの…」「溺れないの?」などのコメント。
よくよく顔のあたりを見てみると、確かにアグくんの鼻が水中にとっぷりと浸かってしまっているではないか。 

鼻が!
鼻が!

アザラシは水生哺乳類のため、肺呼吸をする動物。
息継ぎが必要なはずだが、うっかり熟睡してこのようなポーズになってしまったのだろうか?
ほっこりする癒やしの表情ながら、これでは溺れてしまうのでは……とハラハラもしてしまう“無心”の寝姿について、アザラシ飼育員の大場さんにお話を伺った。

20分は息継ぎなしでOK!

――アグくんはどんな子?

とても賢くて、物怖じしない性格の子です。
芸達者で、輪投げ腹筋やあお仰向けになってのボールキャッチ、背中を反らす“飛行機ポーズ”など、色々な芸ができます。

ビシッとポーズをキメるアグくん (画像:紋別市アザラシシーパラダイス)
ビシッとポーズをキメるアグくん (画像:紋別市アザラシシーパラダイス)

――アグくんはいつもこのポーズで寝ている?

このように浮いて寝ることが多いです。ただ、プールの端のほうで寝ていることが多いので、動画のように全身が写るようなプールの真ん中で寝ているのは珍しいです。

――溺れてしまいそうなポーズですが…大丈夫?

アザラシは長くて10~20分の間、息継ぎなしで潜水することができます。
動画でも鼻が浸かってしまっていますが、息継ぎが必要になったら起きて水面に顔を出します。

大場さんによると、水に顔をつけてぷかりと浮かぶこのポーズ自体は、特別珍しいものではないとのこと。

気になる睡眠時の呼吸だが、アザラシは長くて20分ほどは息継ぎなしで水中に潜っていられるそう。
息継ぎが必要になれば目を覚まして水面に上がってくるため、うっかり熟睡して沈んでしまった…というわけではないとのことなので、一安心だ。

また、必ずしも水中で眠る習性があるというわけではなく、陸上で眠ることもあり、ふかふかに乾いた毛皮に包まれて眠る姿が見られることもあるのそうだ。

陸上で“おやすみモード”のアグくん (画像:紋別市アザラシシーパラダイス)
陸上で“おやすみモード”のアグくん (画像:紋別市アザラシシーパラダイス)

お話を聞く中で、アグくんの安眠ポーズが特別珍しいもの、危険なものではないということがわかったが、アグくんが「寝相のいいアザラシ」である証拠も見つかった。

動画へのリプライの中には、水中で真っ逆さまの状態で眠っているアザラシの写真や、ヒレだけ水面に出したアザラシのイラストに「元気なので心配しないで!」と書かれた注意書きなどが次々報告されたが、アグくんはそのような“面白ポーズ”で眠ることはなく、動画のように水面に浮いたり、水面に顔だけ出した“立ち泳ぎ”のようなポーズで眠るのが好きなのだとか。

ちなみに、後輩アザラシの日和ちゃんは水中に全身を沈めて眠っていることの方が多いなど、どうやら眠り方には個性があるようだ。

こちらは“ギュッ”と首を縮める得意技をする日和ちゃん (画像:紋別市アザラシシーパラダイス)
こちらは“ギュッ”と首を縮める得意技をする日和ちゃん (画像:紋別市アザラシシーパラダイス)

ついつい眠気を誘われてしまう、ほっこり癒やし系の動画。

アザラシシーパラダイスではえさやりなどのふれあい体験ができるということなので、ぜひ本物のアグくんに会いに行ってみてはいかがだろうか。

「いきものディープランド」特集をすべて見る!