愛知県豊明市の藤田医科大学が、国産初の手術支援ロボットを導入しました。

 患者の腹部に見立てた模型の中で自在に動く4本のアーム。藤田医科大学は14日、国産初の手術支援ロボット「hinotori」を設置した新たな研究施設を報道陣に公開しました。

「hinotori」は手術器具や内視鏡を取り付けた4本のアームを持つロボットで、医師が立体映像を見ながら遠隔でアームを操作し手術ができます。

 導入は神戸大学に続き2カ所目で、藤田医科大学では医師の訓練やデータの収集に活用するほか、今年春にも大学病院で実際の手術に使いたいとしています。