ついに役者がそろった、携帯料金の値下げ競争。
13日、KDDIは、大手3社で最も安い料金となる新プランを発表した。

KDDI・高橋誠社長「新たに『povo on au』を2021年3月、開始いたします」

NTTドコモが発表した20GBの新プラン「ahamo」は、月額2,980円。
そして、ソフトバンクの同じく20GBの新プラン「SoftBank on LINE」も、月額2,980円。

KDDIが発表した新プラン「povo on au」は、その2つのプランを大幅に下回る、月額2,480円となっている。

この新料金プラン「povo」は3月から導入される予定で、ahamoやSoftBank on LINEと同じく、インターネット上だけでの申し込みとなる。

ドコモとソフトバンクより500円も下回る料金プランに、現在他社を使っているユーザーも興味津々だ。

docomoユーザー(50代)「いいですね、安いことには」

BIGLOBEモバイルユーザー(30代)「格安使っているんですけど、変わらないですね」

しかし、この500円の差には、ある“カラクリ”が隠されていると携帯ジャーナリストは指摘する。

携帯ジャーナリスト・石川温さん「今回KDDIは、1回5分までのかけ放題を外した状態で2,480円にしています。他社の場合、1回5分までのかけ放題がついて2,980円というプランにしています」

ドコモとソフトバンクの新プランには、1回5分までのかけ放題が含まれているが、auの場合は、プラス500円のオプション料金がかかる。

つまり、かけ放題をつけると同じ料金になるというカラクリ。

電話をあまり利用しない若者や、LINEなどSNSの通話機能をメインに利用する人にとっては、お得に使える料金設定となっている。

auユーザー(20代)「通話はそんなに気にならない。500円プラスせずに、そのままでもいいかなとも思います」

最後に新プランのカードを切ることで、他社との差別化を図ったKDDI。
ドコモとソフトバンクは、今後どのように動くのだろうか。

携帯ジャーナリスト・石川さん「(ドコモもソフトバンクも)1回5分までのかけ方を外した状態で、2,480円にしてくる可能性もあると思いますので、その場合、3社でまた横並びになる可能性もあると思います」