受験シーズンが本格化するなか、関門に挑む生徒たちを応援しようと、岩手・JR一ノ関駅で金色の鉛筆などのセットが配られた。

1月13日は一ノ関駅の角谷公博駅長が、勝利の白星をイメージした純白の制服姿で利用客に受験生応援グッズを手渡した。

配られたのは「合格」にかけた「五角形の鉛筆」と「輝かしい年にしてほしい」との祈りを込めた金色の鉛筆のセット。

手にした人からは、縁起の良い品にあやかりたいとの声が聞かれた。

鉛筆を受け取った人は…

「孫なんですけど、今度 高校受験なので記念に頂いた。風邪やコロナにうつらないように受験を頑張って欲しい」

駅では絵馬に願いを書くことができるコーナーを1月いっぱい設置し、応援ムードを高めることにしている。